FC2ブログ
三重県名張市応援団!! ローカルヒーローを武器に  目指すは日本一   仕事・家庭は・・・そっちのけ!

2020/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/08

赤目滝、恐るべしでした。
水温6度では、笑いなんて取れません。(厄落しのために行ったんですが)
初めは、桂三弥氏の隣で「俺が落語家やったら、水に首までつかって落語するわ!」などとほざいていたんですが寒さから痛みへ、
そして滝の向こうに何かが見えたような気がします。
前では潜る人、横では桶でかかり湯みたいな動作をするル・○シェ。
呼吸も次第に困難になりつつ、何かせねばと思っていたのですが
無理、絶対無理
そして滝からあがり、これで厄落しができたのだろうかと考えていると手に巻いていた数珠がない。
厄落しならぬ、数珠落しでした。
追記、みそぎの後 仕事するとペースダウンしますよ。もうすぐ午前1時!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://884ke.blog34.fc2.com/tb.php/172-f875727c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
落語家落語家(らくごか)は、落語を話して聞かせる事を職業とする人。その話術を生かしテレビ番組|テレビやラジオ番組|ラジオの司会|司会業、パーソナリティなどの副業をすることも多い。「話家」「噺家」「咄家」(はなしか)は、「落語家」の古い表現である。落語家の演
2007/04/20(金) 07:23:21 | 職業情報局